スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012 Helleborus倶楽部展示会 in 音ノ葉

昨日と今日、短い時間でしたが音ノ葉にクリスマスローズをやっと見に行きました。
今日は展示株の写真撮影に行きました。
展示会を振り返るとその年の思い出があり、それもまた懐かしく思い出されるのです。

ちなみに今日は倶楽部の会長の講習会に参加しました。
根っこはきれいにほぐしていることは気が付いていたのですが、自分が面倒だから、まっいいかとごまかしていた中心部分が一番ほぐしたほうがよいというのを知りました。
確かに、真ん中がボコッと空いて茎が古くなっている株があるので今年は株分けしたいと思います。

講習会の風景です。大盛況でした。
DSCF7303.jpg

展示株がきれいに並んでいる風景です。
20120226 (12)

見やすいように配置されています。
20120226 (11)

寄せ植えは出展した方の個性やセンスが輝いていました。
本当にすごいなぁ。。。
20120226 (2)

こちらもクリックしてみてね。
20120226 (5) 20120226 (1) 

気になる展示株達。。
この子は写真が撮りやすかった。。。
20120226 (7)

ベースがクリームのくっきり糸ピコ。
20120226 (8)

真ん丸のシングル、色もいいわ~。
20120226 (10)

この花姿、とても可憐。
20120226 (28)

今まで、展示株と販売株には超えられないある一つの境界線のようなものがあり、展示株のほうが一歩リードしていたように私自身は思っていたのですが、毎年その差は確実に縮まっていると感じています。
それは音ノ葉に集められた販売株の全体のレベルが非常に高いと感じたからです。
展示株と同じ花がほしい、でも所有しているのは一部の人間だけで入手はほぼ不可能、だから愛好家の倶楽部に入って種やちび苗を入手するチャンスを得たいというのが私の最初の入会理由でしたが、今の音ノ葉なら展示株と同じような花、もしくは本で見た花を入手することが可能です。そのことを単純にすごいなぁと感じました。
仕入れ担当者、プランツハンターの目利きと腕なのでしょうね。

他にもたくさん素敵なクリスマスローズがあり、一度に紹介しきれないので、また次回へ続くにします。

家のクリスマスローズはというと。。。
今年も我が家の小さなベランダでひっそりと咲いています。

麗しきゴールドスポット。
DSCF7260.jpg

そして、こちらは糸ピコ。
DSCF7267.jpg

それぞれに小さな思い出があり、私にとってかけがえのないクリスマスローズです。
まだ、手入れがいまいちで株が貧弱なので展示会には出せません。。
なんてできるだけそばに置いていたいのが本音だったりして。
スポンサーサイト

コメント

音ノ葉は都内にあるのに温室があってクリスマスローズがあって、なかなかの規模でした。クリスマスローズは、かなり厳選されたものが置いてましたね。
私がいつも言っている、本に載ってい様なクリスマスローズが手に入る。miho-matsuさんが書いていらっしゃる通りです。私は以前は知らないのですが、これは大したものだと思いました。場所柄を考えるとお値段も妥当です。
日曜午後の講習会は私も行ってみたかったけど、土曜にてかけてしまうと日曜日は大忙しになってしまいます。冬剪定をしていました。

冬剪定も終わり、バラの芽出し肥料も完了しましたが、ついでにというかクリスマスローズにも肥料を与えました。花の時期なので、少し考えましたが控えめに入れてみました。ちなみに1月にも寒肥というか肥料は、ほんの少しですが入れています。

通路に地植えをしているものの植え替えをしたいのですが、本を開くと今頃と書いてあるような気もします。4月になってからではだめなのでしょうか。通路を少し綺麗にしたいと思っています。わが庭は飾り立てないでただ鉢が置いているだけとかになっているので、お金はかけなくてももう少し工夫してみたいです。

みなみさんへ

みなみさん、コメントありがとうございます。

本に載っているようなクリスマスローズがほしいってみなみさんからも聞きますもんね。
最初は私もバラと同じで買えると思ってしまっていました。
だから、音ノ葉は質も量も本当にすごい。
見ていてもどれを選んだらいいのかわからなくなってしまうほどです。

みなみさんのバラの手入れの丁寧さは本当に頭が下がります。

クリスマスローズは4月でも大丈夫とお伝えしたいところですが、講習会や先輩の話を聞く限り、早いほうがいいようです。原種は特に早めにすませたほうがいいと聞きました。
夏前に新しい根を育てて元気な株で夏を越すほうがベターです。
水上で経験済みですが冷涼な気候の場所なら5月でも植え替えは大丈夫ではないかと思います。
鉢の場合、根詰まりしたまま夏を越すよりはいいと思いますが、地植えを掘り起こすのは大変な作業だと思います。腰を痛めないようにきをつけてください。

Secre

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


プロフィール

miho-matsu

Author:miho-matsu
FC2ブログへようこそ!

最新記事
黒ねこ時計 くろック E01
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Flashリバーシ
by mitti0
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。